読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此方より彼方まで

雑記など。2017年度以降はVulucanus in Europa Programにおける欧州滞在記にする、予定。

Goethe-Zertifikatに向けて(ドイツ語)

ヴルカヌス・プログラムによる欧州での研修が始まる前にゲーテ・インスティトゥートが実施しているドイツ語検定試験 Goethe-Zertifikatを受験しようと思っています。

 

受験級は易しいものから順にA1, A2, ・・・ , C2まで6段階ありますが今回は中級であるB1を受験します。

 

日本で受けれるドイツ語の検定試験はこのゲーテとドイツ語文学振興会が主催しているドイツ語技能検定試験(独検が有名だと思います。ドイツ語ゼミナールが独検ゲーテの難易度対応表を載せてくれております。

レベル表 | 欧日協会ドイツ語ゼミナール

 

僕自身はドイツ語は大学で週一で行われている講義を4年まで受講していたこともあり学部4年生のときに独検2級を取得しました。

そちらの方は去年まで少し書いていた今や放置中のブログの方に勉強記録を載せているのでもし受ける予定の人がいたら参考にしてもらって構いません。

今日のラボ畜日記 今日のドイツ語日記1

 

独検は2級までは結局センター試験みたいなもんで文法・単語帳を読みつつあとは過去問を解くという対策を繰り返し行えば合格できると思います。

 

 

しかしながらゲーテの方はまったく受けたことがありません。 

ていうかドイツ語は完全に趣味で将来的に使う機会なんてほとんどないと(ry

 

今回、せっかくオーストリアで語学・企業研修を受けさせていただくことになったので日本で出来る限りのことはやっておこう。ということでゲーテを受けることにしました。

さて、受験級を決める際に↑にあげたレベル表を参考にしたのですが、独検2級に対応するゲーテ検定試験のクラスはB2となっていますね。なので独検2級持ってるしいけるだろうとろくにオンラインで想定問題すら見ずにAmazonで評価が高かったB2対応の参考集・問題集を買ってしまいました。

 

届いた問題集をパラパラとめくっていざ問題に取り組んでみると

 

読めないし解けない。。。

 

え、マジでこんな難しいの?と思って公式が示している勉強時間の目安を比較してみると一目瞭然でした。

独検2級:180時間

ゲーテB1:350時限(約250時間)から650時限(約500時間)

ゲーテB2:600時限(450時間)から800時限(600時間)

 

これではまったく歯が立たないのも当然ですね。(つかB1にすら届いてないし)

 

研究や留学準備の忙しさを考えるとあまり時間も取れないので結局B1を受けることにしました。

 

日本にいる間にB1、向こうでC1かC2まで取ることを目標に頑張っていきたいです。

 

英語は、どうしよう。。。