此方より彼方まで

雑記など。2017年度以降はVulucanus in Europa Programにおける欧州滞在記にする、予定。

ヴルカヌス・イン・ヨーロッパについて

 

 

最近の東京、寒くないすか。12月も半ば、すっかり冬の気候ですね。

 

毎回記事に出てくるヴルカヌス・イン・ヨーロッパって何なん?って思う人もいるだろうから本記事でざっくり説明したい

まぁググれば出てくるので詳しくはそちらを参照して欲しい。

 

日本人学生対象 | EU-Japan

 

一言で言えば将来日本と欧州を繋ぐ人材を育成するための日本の理工系大学生・高専生(研究科)・大学院生を対象とした奨学金付き欧州企業派遣プログラムである。

 

年度毎に実施され、4ヶ月間の語学研修と8ヶ月間の企業研修から成る。企業は派遣実績とか見ると書いてあるけどメーカーが主(特に自動車、自動車部品)、研究所とかもあったりする。

 

学生を対象とした海外研修プログラムってけっこうあるけど本プログラムの魅力的なところは4ヶ月もの語学研修期間もさることながら準備費、渡航費、滞在費などが含まれた給付型の奨学金が付いてくることだろう。

20名程度の定員があるので

一次選考(書類選考)→二次選考(面接、GD)→三次選考(企業マッチング)

を経て派遣学生と派遣企業が選ばれる。

 

僕自身はそのプログラムで来年度オーストリアに派遣される予定。選考にあたっては英語による小論文であったり面接や企業への英文履歴書、志望理由書などを作成する必要があるためそれなりの対策が必要となる。

ウチの大学からは本プログラムへの派遣学生はこれまで二人しかいなかったこともありインターン室にはほとんど資料が無かった(泣

 

そのためヴルカヌス関連のブログで非常にお世話になった経緯があるので恩返しというわけではないけど自分の考えや目的を整理するためにもこのブログにおいてある程度書き残しておこうと思う(怒られない程度に、ていうかたまに小論文とかどんと載せてる人いるけど、そんなことはしない)

 

応募を決めた時の心境とか目的とか、あとは少し選考内容のことをお話できればと思う(暇な時に

追記(2017/07/03)

なんかアクセス解析見たら6割以上がこの記事にアクセスしているらしいので、見返すとあまりの中身の無さに申し訳なくなったのでいろいろ追記しておきます。(センターから何も言われない程度に)

選考スケジュール(2017年度版)

一次選考

→一次選考合否発表(この時点で研修可能企業のリストが送られてくるので応募企業の選定作業、さらに企業へのCV、MLなどを書く必要がある)

→二次選考(GD、個人面接)

→三次選考(企業マッチング) ※内容は企業によって異なる

 

ヴルカヌスの選考は3次までありますがどれも気を抜かずに取り組む必要があります。特に1次選考終了から最後まで決まるまで一ヶ月とないので9月から10月にかけては選考で忙しくなります。特に一次選考合否発表から二次選考までが一番大変な時期だと思われます。なぜなら二次対策と並行して応募する企業の選定やCurriculum Vitae、Motivation Letter(もちろん英語)を作成しなければならないからです。2017年度生選考ではこの期間はわずか十日間くらいだったと思います。一次選考に受かったと喜ぶのも束の間、締め切り地獄が波状攻撃を仕掛けてくるので注意が必要です。

ちなみに私はこの時期、別の海外インターンの最終プレゼンと少し重なっていて帰国したのが締め切りの4日前くらいでしょうか。それからほぼ毎日深夜までそれらの作業を行なってぎりぎりの本当にぎりぎりにポストに投函した記憶があります。

二次選考の方は合否がその日か翌日には発表され、その後すぐに三次選考。書類のみで通るところは早ければ1日と経たずに連絡が来ます。私の場合は書類のみかどうかもわからなかったのでPCに張り付いていましたが結局第一志望の企業から採用の旨のメールをいただきそこでようやくホッと胸を撫で下ろしました。

一次選考について

このブログでは一次選考についてのみ詳しく述べたいと思います。

二次選考はすべてヴルカヌスセンターの下行われるので怒られるのが嫌だからなのと三次選考は企業によって全く異なってくるからです。

 

(以下、近いうちに追記)